ドラクエライバルズ攻略まとめ隊

『ドラゴンクエストライバルズ(DQライバルズ)』の攻略まとめ情報サイトです。最新の情報を速報でお知らせします!

ドラクエライバルズ攻略まとめ隊

ヘッダー下_criteo

記事上_criteo

タイトル上_criteo

他のカードゲーム(ハースストーン、シャドウバース)とのルール・ゲームシステムの違い比較

   

人気記事ランキング

ドラゴンクエストライバルズはドラクエシリーズ初のカードゲームになりますが、アプリで配信されているカードゲームで国内で人気のカードゲームは他にもあります。
その中から主要なカードゲームとして「ハースストーン」と「シャドウバース」をピックアップして、ドラクエライバルズとのルールやゲームシステムの違いについて比較して見てみましょう。

他のカードゲームとの違い比較

-ドラゴンクエストライバルズシャドウバースハースストーン
リーダーシステムありありあり
クラスの種類7種類7種類9種類
デッキ枚数30枚40枚30枚
同名カードのデッキ編成2枚まで(レジェンドは1枚まで)3枚まで2枚まで(レジェンドは1枚まで)
先攻・後攻【先攻】
初期手札3枚

【後攻】
初期手札4枚、テンションゲージ+2
【先攻】
初期手札3枚、進化権×2

【後攻】
初期手札3枚+(1ターン目のみ2枚引く)、進化権×3
【先攻】
初期手札3枚

【後攻】
初期手札4枚+スペル「コイン」
ドロー枚数ターン開始時に1枚ターン開始時に1枚(後攻の1ターン目のみ2枚)ターン開始時に1枚
リーダーのライフ252030
場の最大カード枚数6枚(前列と後列で各3枚)5枚7枚
手札上限10枚9枚10枚
デッキ切れ時ドロー毎に増加するダメージを受けるドロー時に敗北ドロー毎に増加するダメージを受ける
カードの種類ユニット・特技・武器フォロワー・スペル・アミュレットミニオン・スペル・武器・シークレット
カード入手方法パック(6枚入り)・生成システムパック(8枚入り)・生成システムパック(5枚入り)・アリーナ報酬・生成システム
その他のゲームシステムテンションゲージ・テンションスキル
装備
進化ヒーローパワー
装備

どちらかというとハースストーン系

ドラクエライバルズと他のカードゲームとの違いは上記のようになっていますが、ゲームシステムの類似点を比較すると、ドラクエライバルズには進化システムがないことや武器カード装備によってリーダー自身が攻撃可能になるということで「ハースストーン」とゲームシステムは近いと言えそうです。
なので、ひょっとするとハースストーン経験者の方がドラクエライバルズには馴染みやすいかもしれませんね。

しかしドラクエライバルズには、どちらのカードゲームにもない盤面の前列・後列という配置方法による違いの概念が加わっています。
またハースストーンのヒーローパワーと若干似ていますが、独自のテンションゲージとテンションスキル、それに関連した必殺技というのはドラクエライバルズ独自のゲームシステムとなっています。

ドラクエライバルズの基本的なルールや遊び方についてはこちらをご覧になってください。

【説明書】初心者必見!ドラクエライバルズのルールと遊び方

初心者向けカードゲーム専門用語集

followme

ドラクエライバルズの【最新攻略情報】をフォロワーの方にお知らせしています!

おすすめコンテンツ

ブログランキング

人気記事ランキング

showrss2

こちらの記事もどうぞ

 - 攻略情報